第三回データラーニングギルドオフ会開催報告

2019年11月5日(火)20時より、データラーニングギルド第二回オフ会『フリーラン ス × コンペ』を開催しました。

今回はデータラーニングギルド内でコンペに参加したチームメンバーが、各々テーマを決めてお話しました。

初kaggleで銀メダル取ったけど、これ全然イキれなくない?

まず、最初のトークに関しては、以下のnote記事をベースに、「kaggleに感じた違和感と、どう活用して行くべきか?」という話に関して私からお話させて頂きました。

初kaggleで銀メダル取ったけど、これ全然イキれなくない?

また、データラーニングギルド内で実施しているコンペに関して、

「kaggleやSIGNATEだとモデリングを学ぶことはできるけど、課題設定、アプローチの選択、プレゼンテーション、施策の提案といった内容を学べるコンペはなかなか無い。そういった所を学ぶためにレポート形式のコンペを実施している。」

どういった、コンペ開催に関する意図に関してもお話させて頂きました。

Kaggle Expertになるまでの道のり

続いては、はやとさんより、「kaggle Expertになるまでの道のり」というタイトルでお話頂きました。

始めてkaggleを始めたのが今年の4月で、もうkaggle Expertに到達しちゃったので、成長スピードが凄いですね~!!

kaggle Experになるまで実施したことを具体的に聞けたので、初学者がどういった順序で勉強して行けばいいか、一つの指標になったのではないでしょうか?

チームで挑むデータ分析コンペ

最後はれごんさんに、「チームで挑むデータ分析コンペ」というタイトルでお話頂きました。

ペアプログラミングという、プログラミング界隈では一般的になりつつある手法を、kaggleを通じてやってみた感想や、「チームに貢献できないのでは?」という心理障壁を乗り越えて行くためのお話をして頂きました。

「一番の下手くそでいよう」という、常に学びを忘れない姿勢、マインドセットは大事だなと、発表を聞いていて感じました。

感想

発表を通じて、共通して言える結論として、「 初学者の方は とりあえずkaggleに挑戦してみよう」という所に落ち着く気がしました。

実際経験した身としても、kaggleに参加するハードル自体は高くないので、是非チャレンジしてみて頂ければと考えています。

「一人での参加が怖い」という方は、是非データラーニングギルドに参加して、チームメンバーを募集してみてください!!

チームメンバーが見つかるかもしれません♪

>トップクラスのスキル、経験、人脈が 手に入る分析人材コミュニティ

トップクラスのスキル、経験、人脈が 手に入る分析人材コミュニティ

データ分析人材が活躍できるようにするため、互いに情報を交換しながらキャリア構築をしていく環境、学習や仕事の獲得できる仕組み、実際の課題や実データなど、ありとあらゆるものを提供して行きます。